2018 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 02









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日(--) | スポンサー広告 | コメント(-)

9/1 手術日

取り敢えず、故あって大部屋に出てきました。
(いきさつはまた9/8分のブログで書きます)
そのせいで?PCをオーバーテーブルに置く余裕も出来たので、
余力のある時にぽろぽろ思い出しながら書いてみようかと。

※ 9/8日作成

■ 手術日

朝、排便後、パンツを脱いで待機(病衣は着てますよっ!)
8:50 出棟。手術室前に行くと、手術待ちの患者さんだらけでワロタ。
中に入ると名前を確認して、「はい、あの看護師さんの所へ行って。と振られる」
2人の看護師と挨拶が終わると、片方の看護師に手術室へ案内される。
8番の部屋だったかな?
手術台に乗ると、毛布を掛けられ全裸になる。
色々器具を付けられた後、ペンレスシートを付けていた左手の甲に、点滴を入れられる。
その後、背中を見せて、硬膜外麻酔。思った程痛くなかった。
「ではこれから眠くなる薬を入れていきますよ~」と言われ、麻薬を入れられた時のような、
グニャンとした感覚・・・気がつくとICUのベッドに居た(爆)
※ 先生方本当にありがとうございました。

酸素マスクをしていた気がする。
大体18:30頃。時間は親が覚えていたが、当人記憶無し。
面会にきた母が、熱を測ろうと俺のおでこに触ったら、
「鬱陶しい。触るな」と俺が言ったらしい。言われて初めて思い出した。
いやはや、申し訳ないが、当時はそれくらいピリピリしてたんだろうなぁ。
その後は殆ど覚えておらず、夜中にたまに目を覚ましていた気がする。
スポンサーサイト
2015年09月01日(Tue) | 移植 | コメント(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。