2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07









リストバンド



広がる移植啓発の輪、リストバンド10万本配布

意外なところから移植に関心を持ってくれる人が出てきた。
グッズに頼っているとはいえ、少しでも関心を持つ人が
増えてくれるのは有り難いことです♪

…意味もわからず付けてる人が居なければ良いんですが(汗)
欲しい方はこちらまでどうぞ。
スポンサーサイト
2005年11月29日(Tue) | 移植 | コメント(0)

病院受診

2/20(月)は病院受診日だった。
今週は吐いたり下痢が続いたり大変だったので、
採血結果もきっと酷いだろう…と予想はしていた。

GOT:87(前回76)
GPT:62(前回64)
ALP:629(前回763)
γ-GTP:123(前回238)
T-BIL:4.3(前回3.6)
D-BIL:2.4(前回1.9)
TBA:394(前回346)

胆管に関してはやや良さげだが、黄疸が4を越えてる…(滝汗)
次回更に黄疸が上がるようだとステロイド復活も有るらしい。
困ったもんだ…ヽ(´~`;)ウーン

しかし何故胆管の数値だけ良くなってんだろ?
何か胆管に良いことでもしたかなぁ?
2006年02月20日(Mon) | 移植 | コメント(2)

お腹不調の原因

京大病院消化器科へ受診してきました。

今年に入ってからずっとお腹の調子が悪く、数年前より発症しているUC(潰瘍性大腸炎)が原因だとばかり思っていました。本日、消化器科の主治医に今年からの経緯を説明すると、UCのせいではなく、恐らく一週間前に吐いた時の症状、胃からの出血が原因で、お腹にもガスが溜まって調子が悪いのだろうとのこと、恐らくその時だけではなく、その前~今でもちょっとずつ出血が有るのかも知れないね…との事だった。
取り敢えず「アルサルミン液」という胃の粘膜を保護するお薬を戴く。
これで様子見。

症状の改善が見られない、或いは悪化するようならすぐに来いとの事。
その時は胃カメラ検査をするそうですわ…(汗)
取り敢えず訳の解らない状況から、先が少し見えてきて安心しました。

すっきり治ってくれればいいなぁ♪
2006年02月24日(Fri) | 移植 | コメント(0)

( ̄Д ̄;) ガーン

本日京大病院受信。

前回から少し黄疸が上がっていて良くない。
本日も不安になりながら採血。

 GOT  … 90(前回87)
 GPT  … 64(62)
 ALP  … 692(629)
 γ-GTP…128(123)
 T-BIL … 5.8(4.3)
 D-BIL … 3.7(2.4)

ひぃぃっ!黄疸がぁぁぁっ!!Σ(っ゜Д゜;)っ
ただ、肝数値を見る限り、黄疸が上がってる理由が肝臓じゃない上、
消化管出血でも黄疸は上がるらしい。赤血球の数も回復してないので、
1年ほど前に一度やってる胃の出血が、また始まってる可能性も高いとの事。
ちょっと前に消化器内科受診した時にも、潰瘍性大腸炎の主治医に
今、お腹の調子が悪いのは、胃の出血によるかも知れないと言われたので、
やっぱり胃を見る事に…。

4/3(月) 胃カメラ決定|_T)


…オマケに胃に出血が見られたら、また入院かも(/_;。)うぐっ
2006年03月20日(Mon) | 移植 | コメント(0)

入院回避!?

本日京大受診、胃カメラ検査をやってきました。
前回はお願いしたら薬で眠らせて貰えて楽だったのに、
今回は何故か却下されました…お陰でなんぼ嘔吐いた事か(/_;。)うぐっ

胃カメラの結果、食道静脈瘤が1つ有った事と、胃の入り口付近に
びらん」が見られるとのこと。Activeな出血は今回はなかったが、
出血しているとするなら多分ここだろう。との見解でした。

その後受診。今朝の採血の結果を見て吃驚(滝汗)

 GOT  … 81 (前回は90) 大体横ばい
 GPT  … 58 (以下同64) 大体横ばい
 ALP   … 555(692) 改善
 γ-GTP… 91 (128) 移植後初めて!?100を切る♪
 T-BIL  … 8.05.8) 有り得ないほど高過ぎる(滝汗)
 D-BIL  … 5.23.7)       〃
 HGB   … 9.29.8) 相変わらず貧血

嗚呼、主治医が頭抱えてるよ(遠い目)
これで肝機能が上がってるなら、即入院らしいけど、
肝機能はかなり改善してるから、黄疸の上昇は現段階で
消化管の出血しか考えられないらしい。

取り敢えず徹底して胃の粘膜の改善を図ろうとのこと。
アルサルミン液(胃の保護剤)+フェロミア錠(鉄分:貧血対策)を追加して様子見。
あぁ、また薬が増えた( p_q) シクシク

次回受診は3週間後とのこと。
2006年04月03日(Mon) | 移植 | コメント(2)

緊急入院

4/17(月)明け方3時半頃。ベッドで寝ていると突然胃の辺りに激しいムカつき。
吐きそうな気がしたのでビニール袋を用意すると案の定嘔吐…というか 吐血 (滝汗)
以前にもこれに似た経験をしており 、その後 胃カメラを飲んている

今回もそれと同じ症状だろうと思っていたら、吐血後どんどん意識が遠くなっていく。
立っていられなくなり座っていたが、座っていても目眩が始まり意識が…。
これはヤバい、洒落ならん! (死ぬかも…と覚悟したナ)

家族に助けを求める為、手元にあった携帯から下の電話に電話を掛けた。もちろん深夜、親が直ぐに起きてくる訳もない。仕方がないので自力で1Fまで降りようとする。階段に足を掛けた辺りまでは覚えているが、貧血でそこから落ちていく記憶しかない…(汗)その後、どれだけ経ったのか解らないが、ふと意識が戻ると階段の下に這い蹲っていた。私が階段から落ちる音に気付いた母親が泥棒でも入ったかと見に来て唖然とする。

「すまん、親父起こしてきて。あと、救急車呼んで…」

言うのが精一杯だった。
それからもしばらくうつぶせに寝転がっていると頭に血が巡ってくれたんだろう。
少し意識がはっきりしてきた… 「げ、う○こ漏らしてる(滝汗)」
何を思ったか精一杯の力で風呂場に行って自分で下半身を洗い着替える。
(風呂場でもう一度意識を失い掛けた…汗)
しばらくすると救急車が到着。人生初の救急車体験w
自家用車だと1時間は掛かる京大病院への道が30分程で着いた。
その後は、緊急病棟で採血、輸血、レントゲン、心電図等、色々処置を受け、
朝の7時頃には寝ころんでさえいれば意識ははっきりする所まで回復していた。
ただしまだ、最高血圧70最低血圧30脈拍110位…(汗)

朝8時頃、内視鏡検査が入る。検査時間はおおよそ1時間程…これが苦痛だった。
まだまだ胃に血が溜まっていたため、カメラを入れたとたん凄まじい勢いで血を吐く。
家で吐いた以上に恐らく吐いたであろう…仮処置が終わった時点で内視鏡室も
周りの器具も周辺にいた看護士や先生方も皆血塗れ (本当に申し訳ないことした…)

その後移植病棟へ移動、回復室にて輸血等の処置を受け続けた。
内視鏡室で吐きまくったのもあって、もー全身力が入らない。
寝ていてもしんどい位だが、寝ているしか無かった。
まともに会話が続けられるほど回復した頃には夕方5時を過ぎていた。
(…取り敢えず命拾いはした様だ)
2006年04月17日(Mon) | 移植 | コメント(0)

絶飲食

相変わらず、全身虚脱感。
何とかベッドに少しの時間なら座っていられるが、フラフラしてくる。
立つとちょっとヤバいかな?って感じのまま一日を過ごす。
ベッド横にポータブルトイレを設置して頂き、そことの往復だけの一日だった。
点滴の機械が5つも繋がっている…。

取り敢えず新携帯で撮影、深夜に点滴台と共に…w

2006年04月18日(Tue) | 移植 | コメント(0)

流動食

昨日のMRCP検査にて肝臓前側の胆管に拡張あり(後部は問題が無いらしい)
黄疸上昇の原因は恐らくこれだろうとの事。
取り敢えず食道静脈溜の治療を優先的に行い、その後に脇腹からチューブを入れて
バルーンで2~3回に分けて胆管狭窄部を膨らませようとの事。
そのチューブから胆管造影検査などもするようです。

また、採血などの結果から、新たな出血は現在は見受けられないとの事で、
本日昼食より流動食開始になりましたっ!久々の飯は美味かった~♪
内容はホムペのMobileDiaryに掲載。
2006年04月19日(Wed) | 移植 | コメント(0)

続・流動食

昨日に続き、流動食。
点滴の機械を看護士さんが気を利かせて減らしてくれた。
機械が少なくなったので少しは行動が出来るようになる。
トイレもポータブルトイレを使わなくて済むようになった(少し嬉しい)

しかし、右手の点滴用カテーテルが入ってる部分が痛み出した。
微妙に漏れているらしい…左手に入れ替え。
しかし、一番下の先生カテーテル注すのを2度も失敗(/_;。)うぐっ
3度目は上の先生が来て一発でいれてくれた(;-_-) =3 フゥ
(右手も左手も痛いッス…涙)

病院の売店まで歩いてみた…ちょっと歩いたら疲れた(滝汗)
飲み物がOKになったのでポカリや伊右衛門、乳飲料等を購入。

兄が新携帯用のMiniSD(256MB)を買ってくれたので携帯を少し弄くるw
携帯が新しくなったお陰で、結構暇はつぶせてます♪
2006年04月20日(Thu) | 移植 | コメント(0)

3分粥

今朝の朝食よりやっと3分粥♪
やっと少しだが歯ごたえが… ヾ(@^▽^@)ノわーい

次の内視鏡検査が来週なのでそれまで新しい展開はありませんね。
腎臓の働きも徐々に戻りつつあり、
一時はCRE1.6 BUN63もあった数値も、
昨日にはCRE1.1 BUN38迄ダウン♪
黄疸だけはまだ13.6とか有りますが、少しは先が見えて来た気分です。

また今日、WILLCOMのレンタルサービスで申し込んだAIREDGEカードが届く。
ベッド上からネットに繋げられるようになりました♪

三分粥朝食↓


三分粥昼食↓

2006年04月21日(Fri) | 移植 | コメント(0)

動きやすくなった♪

今朝の数値
GOT : 129 GPT : 71 ALP : 617 γ-GTP : 62
T-BIL : 12.9 D-BIL : 9.6 CRE : 0.9 BUN :21 CRP : 0.7
主治医「腎臓自力でちゃんと働き始めたな♪イノバン止めるわ。」
     「ただアルブミンがまた減ってるから点滴するね。」


点滴台に付いてた機械が全部取れ、点滴自然落とし。
やっとコンセントやバッテリーを意識せずに自由に動ける様になりました。

問題は腹の張り、相変わらずガスが溜まっている模様。
今朝はプルゼニド(下剤)があんまり効いた気がしなかったので、
今晩も処方して戴く予定。
ただ、点滴台が楽になったので、お昼に取り敢えず歩いて
腹の動きに改善があるか試みてみます♪(医者も歩いて良いとの事)
2006年04月22日(Sat) | 移植 | コメント(0)

点滴からの開放

常時付けている点滴が本日で終了した。
点滴台を持って移動する必要が無くなり、かなり快適♪
ただ、現在アルブミンが非常に少ない状態で、腹水がかなり溜まっているので、
アルブミン点滴用に留置カテーテルはヘパリンロック状態で付けたまま(写真参照)
血液内のアルブミンの量を増やし、ラシックス(利尿剤)を飲んで、
腹水を減らしていく事になりました。

先ほどエコー検査をし、腹水がかなり溜まっている事を確認。
その後肝臓の状態も見る。よく解んないけど、門脈の流れが微量らしい。
動脈優位とか言ってたな?オマケに腹水のせいでエコーで見難いらしく、
頑張って腹水を減らして、再度エコーで見ようかな?って話だった。
今週の内視鏡の話はまだまだ出てこない…(遠い目)

p.s 本日も三分粥食

留置カテーテルヘパロック状態の左手

2006年04月23日(Sun) | 移植 | コメント(0)

CT検査

今日は朝の採血検査と、CT検査が有りました。
昨日同様アルブミン点滴とラシックス(利尿剤)による腹水除去をしました。
体重は順調にちょっとずつ下がり始めました(腹水が減ってきたと思われる。)

…それだけですw

特にネタがありません(*´▽`*) プッ

と言う訳で採血の数値結果(Excelファイル)だけでもリンクを張っておきます。
※ 採血結果のリンクを左メニューのブックマークにも足しておきました。
2006年04月24日(Mon) | 移植 | コメント(3)

肝生検

今朝、起きるなり不意打ちを食らう。
看護士 「○○さんは~今日肝生検ですね。」
おいら 「えっ!?明日じゃなかったの( ̄▽ ̄;)!?」

慌てて主治医に確認。
主治医 「えぇ、今日することになっています。」
おいら 「…。」

…おいおい、それならそうとちゃんと伝えてくれよ。
こっちは水曜日にするって聞いてたのに、心の準備がぁ(/_;。)うぐっ

その後朝食が終わった頃に、主治医が来て改めて説明。
血小板が少ないので、お昼に血小板と血漿を点滴してから、
夕方に肝生検をする事になった。
また、内視鏡検査は明日の昼以降にする事が確定したらしい
(明日、朝・昼食絶食決定)

さて、夕方。
他にも肝生検を受けている方が居られ、4時と聞いていたのだがやや遅れる。
始まったのは5時前だったかな?担当をしたのは3人居る主治医の真ん中のI先生。
やる前のエコー検査でより安全そうな場所を探し、それをおいらにも解るように
エコー画面を見せながら丁寧に教えてくれた。
お陰で凄くリラックスして肝生検を受けられた。
しかもこの先生麻酔の打ち方が上手?
最後の組織を採るまで、これと言った苦痛もなく終始リラックス♪
あっという間に終わっちゃった。良い先生に当たったぁ(ノ_<。)うぅっ
また、この先生。明日の内視鏡検査もおいらが苦しむのを理解してくれて、
担当医に薬で眠らせて戴けるようお願いしてくれたらしい♪
ヾ(@^▽^@)ノわーい

退院後の外来受診、I先生に変えちゃおうかな?(*´▽`*) プッ
2006年04月25日(Tue) | 移植 | コメント(2)

内視鏡検査

本日は14時過ぎより内視鏡検査があった。
その為、昨晩飯より、今日の朝食、昼食までは絶食。
でも絶食の為に体重は増えず、腹水を減らすには良い感じだった。
順調に体重は下がっていたんじゃないかな?

さて、内視鏡検査。
余りにσ(⌒▽⌒;)がえづいてしんどいのを知っていてくれた主治医が、
一緒に付いてきてくれて、ぼんやりする薬を入れて貰い、検査スタート?
マウスピースやらくわえたまでは覚えているが、ふと夢っぽいものを見た気がして
次に気付いたらもう終わっていた(汗)
σ(⌒▽⌒;)にとっちゃ、「え?何時の間にしたの?って感じ。」とても楽でした。
ただ、薬がまだ抜けきらず、これを記入しながらも頭はまだぼんやりしています。
焦点がちょっと定まっておりません(*´▽`*) プッ

内視鏡検査で食道を見た結果、出血は止まっており上手くは行っている様子。
ただ、前回は血塗れで見れなかったが、今回しっかりチェックすると、
食道静脈瘤がなんと3ヶ所も出来ていたらしい(滝汗)
後は昨日の肝生検の結果待ち。
主治医等がミーティングで今後どの様な方法や順番で治療して行くのか、
今頃考えてくれている事と思います。

p.s 食道をチェックした結果、有る程度大丈夫だったので、今日の晩飯より五分粥になりました♪
2006年04月26日(Wed) | 移植 | コメント(0)

( ̄Д ̄;) ガーン

本日検査は採血のみ。
数値は例によってブックマークのExcelデータに載せております。

大事なのは夕方。
おいらの家族が呼び出されていたので、良い話ではないだろうと覚悟はしていた。
…見事に的中(/_;。)うぐっ

■■■ 現状説明 ■■■

 ※一昨日の肝生検で肝臓の組織を採った所、繊維化が見られた。
 ※昨日の内視鏡検査にて食道静脈瘤が3つ見つかった。
 ※MRCPの結果明らかな胆管拡張が見られた。
 ※私の原疾患「原発性硬化性胆管炎(PSC)」の再発の可能性が高い。

■■■ 今後の展開 ■■■

 ※静脈瘤は直ぐにでも片付けたいが、今一気に治すと逆に肝臓に負担が掛かる為
  まず明日PTCDを施術し、出来る様ならバルーンにて胆管狭窄部の拡張。
  それによって、黄疸がすんなり下がるか確認、使えそうならステロイド投薬。
  出来るだけ肝臓のデータが落ち着く様持って行く。その後静脈瘤の硬化療法。
 ※今すぐどうこう言う訳ではないが、最終手段としての再移植の可能性も
  頭の片隅には入れておいて欲しい。

とうとう「再発」言われちゃいましたねぇ。
今までは「再発疑い」だったんですが…。
普通なら凹んでるんでしょうけど、こんなことで凹んでられません(*´▽`*) プッ
むしろハッキリしてスッキリした気分です。立ち向かうべき方向性も解ったしね♪
今は母から貰った大事な肝臓(いのち)を如何に長持ちさせるか…って事を念頭に
頑張ります。

P.S.もしおいらが凹んでそうだったら、たまに援護射撃してやって下さい^^;
    宜しくです。
2006年04月27日(Thu) | 移植 | コメント(3)

PTCD

本日、PTCDをしました。
局所麻酔をして脇腹から胆管へ針を刺し、その中にワイヤーを通して針を抜き、
ワイヤーを利用して今度は管を入れ、その管から胆汁を抜いたりします。
もちろん身体の中に管を通す訳ですから、ちょっと痛いです(/_;。)うぐっ

でも、割とすんなり入ったようで、1時に行って2時15分には病室へ戻りました。
まだ馴染んでないせいか、動くと中の方でちょっと痛みを感じます。
素早く動けません…。チューブから出てくる液体の色もまだ赤い血の様で、
胆汁がちゃんと出てくるのか不安でもありますが、まぁ様子見…ですね。

※今日は採血無し
2006年04月28日(Fri) | 移植 | コメント(0)

経過観察

GWに入った為、大きい検査は何も無し。
GW中はPTCD後の数値の経過観察に終わるでしょう。
どうやら黄疸はPTCDの効果が有ってか下がり始めた様な感じです。
※今日の採血結果更新(例によってブックマークにリンクを貼ってあります)

昨日入れたチューブの痛み、本日は少し楽になったかも知れない。
(まだ、出てくる液体は血の混ざった色をしています。)
昨日の痛みが100%とするなら70~80%かな?
少しは動く気力が出てきたので、売店まで買い物へ行ったりしました。

食事はもう普通食。
炎症性腸疾患用の普通食の筈なんだけど、糸こんにゃくとか烏賊だとか
消化しきれなくて腸に負担が掛かりそうなものが出てくる。
本当に合ってんのかなぁ?これ(汗)
まぁしかし、今回の静脈瘤のお陰(?)か、早食いのおいらに良く噛む癖が
ついてきているかも知れない。だってもう吐血したくないもん(*´▽`*) プッ


↓PTCDの痕(写真) 痛々しいので見たくない人はこの下は見ない様に…
2006年04月29日(Sat) | 移植 | コメント(0)

GW

ゴールデンウィーク中なので、大きな検査や処置は無し。
昨日は採血もなく、一日ぼけ~っと寝てるだけでした。

本日も採血は無し。
主治医「そんなしょっちゅう見て一喜一憂してもしゃーないでしょ~。
当分2~3日に一度の採血ペースでしょうかね?

ふと思い立って、主治医に口腔外科の受診をお願いする。
2ヶ月ほど前に、右下の歯のかぶせ物が無くなって、そのまま放置してたから…。
ついでに、ステロイド治療が始まると虫歯治療など出来なくなるので、
虫歯がないか総チェックして貰う事にした。

かぶせ物の型どりをし、完成は15日になるとの事。
虫歯チェックは、歯茎が腫れており、歯石もあったのでそれを取って貰い、
次回受診の炎症が治まった頃に再度する事になった。
(歯石が無くなって舌触りが良い感じ)

口腔外科の女医さん
歯は磨けてますけど、歯茎も、歯と歯茎の間もちゃんと磨いて下さい~
他にも鏡を見て磨け等、小学校の歯磨き指導の様な事を言われる(恥)

…ダメっぷり発揮中(*´▽`*) プッ
2006年05月01日(Mon) | 移植 | コメント(2)

採血~

昨日は暑かったですねぇ。
暑さの影響でしょうか、σ(⌒▽⌒;)の体温も急上昇。何と38℃も出ちゃいました。
…が一晩寝たら36.8℃位まで下がっちゃいました。
38℃出てる時も、寒気もなければ節々の痛みも無し。よく解んない熱でした。
昨晩で抜針予定だった留置針、この中途半端な熱のせいで抗生物質継続。
昨晩も、今朝も続けて抗生物質の点滴を投与。
朝から胆汁に細菌が入り込んでないかのチェックもされているようです。

また、久々に採血が有りました。
どうやら順調にゆっくり黄疸が下がっている様子♪
アンモニアがちょい増えてるけど、まぁ他は順調かな?
この調子で、GW明けにバルーンですんなり胆管狭窄部を拡げられたら
一番良いパターンですわ。

順調にいく事を願うのみ~♪
※ブックマークの採血結果更新
2006年05月02日(Tue) | 移植 | コメント(0)

食事

例によってGW中の為、病院は大きな検査や治療は無し。
今日や明日から外泊許可貰って帰る人も同じ病室にいる。
明日は5人部屋に、俺ともう一人おっちゃんが居るだけだ(*´▽`*) プッ

朝、主治医がきて、来週のだいたいの予定を教えてくれた。
ドレインチューブ挿入によって、肝臓の数値はゆっくり落ち着いてきている。
後は日にち薬っぽいので、先に静脈瘤の硬化療法が入るかも知れないとの事。
因みに、硬化療法をすると、再び絶食が始まる(滝汗)
今は普通食。美味しいもんを食うなら今週の内だ(爆)
今日のお昼の献立を見るとあんまり美味しくなさそう…。
(実際食べた人は不味かったと言っていた・汗)
思い切って主治医に外出許可を貰い、近所のラーメン屋に行ってきた。
(もちろん、ラーメンを食いに行く事も主治医には伝えてある。)
主治医に汁は飲むなと言われたので、ラーメンの麺だけは少ないので、
炒飯定食(第一旭)にした。第一旭に行くのは久しぶり。
以前、外来受診日が月曜日じゃなかった頃は、毎回食べていた。

炒飯を一口…めっちゃ脂っこい(滝汗) ラーメンを一口…味が濃いっ!

しばらく病院食を食ってる間に薄味に慣れちまったのか?味が落ちた!?
普段は良くこんなもんを美味い美味いと食ってたなと思えるほど味は濃かった。
その後ローソンで少し買い物、微妙な気持ちを押し殺しつつ病室へ帰ってきた。

きっとあのラーメン屋の味が濃すぎるんだ。
…今度カップ麺でも食って味の濃さを確認してみよう(爆)
2006年05月03日(Wed) | 移植 | コメント(0)

採血

今朝も採血があった。
今回も順調に黄疸が下がって~…ないっ! Σ(っ゜Д゜;)っ
ぬぁぜだぁぁぁっ!

主治医は今回だけじゃまだ判断できないとは言ってるけど、ちと心配。
黄疸の原因は胆管拡張だけじゃないのか!?ヽ(´~`;)ウーン
これじゃ静脈瘤の処置も来週出来るのか不安だよ。
下手に治すと更に数値上がるからねぇ…。

ま、あれこれ考えても仕方がないから忘れておこう(*´▽`*) プッ
ポジティブ万歳ヾ(@^▽^@)ノ

※例によってブックマークの採血結果更新
2006年05月05日(Fri) | 移植 | コメント(2)

がっくし…

昨日、京のつくね屋へ行くと張り切っていたのですが、本日臨時定休(涙)
ホムペなど情報サイト見る限り、第一日曜日は休みって書いてあったので、
月曜日の今日に予定を変えたのに…GWだから開いてたみたいです。
代わりに今日、明日を休みにしたみたいです(/_;。)ひでぇ

仕方がないので、以前入院していた時に親父が美味い蕎麦屋があると
言っていたのを思いだして、親父に電話、場所を聞いてそこへ向かう。
店の名前は「河道屋 養老」。
親父の説明通り歩くと、確かに店はある。…がこれまた定休日(涙)

つくづくツイてない…。

仕方なく、おいらが以前から気になってたカレーの良い香りがする喫茶店へ。
凄いビーフカレーでした。もールーがビーフって感じですかね?たっぷりです。
かなり煮込んである感じですわ。辛さも丁度良く美味かった♪
(でも、おいらには量が多すぎた…食うと思われたのかてんこ盛りされた)

余談:病室へ帰ってきて、明日の献立見たら昼食ビーフカレー(滝汗)
あの味を知った後で、病院食のカレー食えるかな…。


さて、病気の話。
本日は採血がありました。例によってブックマークのExcelデータ更新。
注目の黄疸は…下がってるっ!!ヾ(@^▽^@)ノわーい
…でも何故かGOT&GPTがそれぞれ30~40UP(汗)
拒絶かな?とは言われていたが、免疫抑制剤の血中濃度に問題は無し。
まぁ様子を見ようと主治医は言っております。

また、ずっと気になっていた、おいらに必要な2つの大事な治療の片方、
PTCDのドレインチューブの入れ替え、そして狭窄部のバルーンによる拡張
…が水曜日に決定しました。痛い方です(汗)

因みにもう片方は、食道静脈瘤の硬化療法。こちらは薬で眠らせて貰えるので
苦痛を感じる事はないので治療中は楽です。
後で胸焼けがするのと、その後しばらく絶食ですけどね…。

少し先が見えてきました。頑張るぞー♪

↓京のつくね屋(臨時休業)

2006年05月08日(Mon) | 移植 | コメント(0)

いよいよ明日

今日は採血もなく、特にイベントもなく、ぼけ~っと過ごしてました。
朝に主治医から明日の確認があり、明日朝9:00からPTCD入れ替え、
肝・胆造影、そして、バルーンカテーテルによる胆管狭窄部の拡張を行うと
言われました。朝食は絶食です。
下手にお昼~夕方にやられるより、朝起きてあっという間にやられちゃう方が、
鬱になる時間も少なくて良いかな♪なんて考えてたり!?w

この検査、主治医からバルーンをする時は痛いよと脅されてるんです(涙)
入れ替え作業自体は2週間前に入れた時よりは痛くないよと言われました。
どんくらい痛かったかは明日にでも報告できるでしょうw

また2~3日脇腹~胆管周辺が痛んで亀のような動きになるのかな…(汗)
2006年05月09日(Tue) | 移植 | コメント(0)

PTCD入れ替え

さて、昨日言っていたPTCDの入れ替え作業、朝9時より行ってきました。
PTCDチューブの入れ替え自体は、主治医も言っていた様に、
初めて入れた時ほど辛くはなかった。
問題は、バルーンチューブによる狭窄部拡張。
造影剤を流すと狭窄部が細すぎて流れない…(汗)
これではどこから腸の方へ胆管が繋がっているか解らない。
バルーンが通せないのだ。色々先生方も格闘された様だが諦める事になった。
結局、依然と同じサイズのチューブに入れ替えただけになってしまった。
入れ替えただけだが、初めて入れた時と同じ、縫ってある表面と胆管?の違和感?
どうも背中の方に少し痛みが出てきている。
今夜はピリナジン(鎮痛消炎剤)のお世話になりそうだ…。

その結果を受けて、先に食道静脈瘤の硬化療法を先に行い、その後にERCPにて
再度、胆管の下側からバルーンカテーテルによる拡張処置を行う事になった。
ERCPでも上手く行かなかったとなった場合、開腹手術も有り得る様だ(汗)

取り敢えず、次の食道静脈瘤の硬化療法は来週水曜日、5/17に決定したらしい。
その後は絶食となるので、美味しい物を食べるなら今週~来週初めの内だなw
2006年05月10日(Wed) | 移植 | コメント(0)

入れ替え後…

PTCDのチューブが入っている表面は突っ張るだけだが、
中の方が擦れたかの様な痛みが持続。むしろ強くなってる気がする。
右を下にして寝れない…(/_;。)うぐっ
左を下にして寝ると割と楽なんだけど、そっちばっかり向いて寝れないし。
大きく息が吸えなくて辛いッス。

夕方頃に急に不意を突いて変な咳が出たと同時に肝臓周辺に激痛。
その後、しばらくしてふとチューブの挿入ヶ所を見るとじわーっと胆汁らしきものが
染み出してきている(汗)直ぐに看護師さんを呼び、ガーゼ交換、消毒をして貰う。
それ以来、更に痛みが増した気がする…(汗)
今晩もピリナジンのお世話になりました。
今は染み出してくるのはマシになっている様だ。

※採血の数値更新
2006年05月11日(Thu) | 移植 | コメント(0)

移植誕生日

6年前の今日、私は母より命を貰いました。
今日は移植6年の誕生日。無事この日を迎えられたことを家族で祝いました。
母にケーキを買ってきて貰い家族で紅茶やコーヒーでも飲みながら食う…筈が、
もののけ姫見てたら、家族全員忘れてました(*´▽`*) プッ
だから寝る前に一人で少し食べました(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


本日より、日曜日の晩まで主治医の許可があり外泊・帰宅♪
久しぶりの我が家(約1ヶ月振)を満喫しております。
ただ、胆管チューブが入ったままなので、いつも通り…とは行きません。
毎日、胆管チューブの挿入部を消毒、ガーゼ交換等する必要があり、
自分の腹は見難いので鏡で見ながらするか、家族に手伝って貰って
することになるでしょう…(汗)

一日早いですが、母へカーネーションをプレゼント。
母も喜んでくれていたようで何よりです。
早く元気になって、最高の親孝行をしたいですね♪


明日はばっさり散髪にでも行こうかと計画中。
もちろん胆管ドレインチューブ付いたままです(*´▽`*) プッ
2006年05月12日(Fri) | 移植 | コメント(2)

食道静脈瘤

本日は午後より、いよいよ食道静脈瘤を潰す処置が入っておりました。
朝より絶食にて待機していると、午後の1番でいよいよ呼び出される。
内視鏡室に着き、準備を済ませて寝ころび薬を入れられる…ぱたり。

意識が戻ると、先生の様子がおかしい。
「静脈瘤は全部潰せました?」と確認すると、どうやら潰してない模様。
内視鏡で覗いた結果、以前より進行しており、最初予定していた処置法では
逆にリスクが伴うらしい…(汗)
まずは、肝臓の数値を下げに掛かり、今度は2週間後にエタノール?
を使った硬化療法に切り替えて処置を行う事になりました。
処置がまた延びちゃったのは残念だけど、あくまでもおいらの安全を
考えた上での先生の判断なので、仕方有りませんね。

部屋に戻ると、眠る薬を入れられたせいか、ぼんやりが取れず、
凄く胃がムカつく。3時間後には病院の晩御飯が出てきたが、
味には何の問題もないのに、口に入れるとムカついて気持ち悪い。
数分後にはとうとう戻してしまった…バタリ (o_ _)o ~~~ †
その後死んだ様に眠ってしまう。

…はっと気付くと、もう消灯時間も過ぎており、周りの人はカーテンを閉めて
全員寝てしまっていた(汗)トイレに向かうが、まだ薬が抜けきっていないのか
どうもフラフラするので更に寝る事にした。

…というわけでこのブログは翌朝に書いてますw
(まだちょっと胃が落ち着ききってないかも知れない)
2006年05月17日(Wed) | 移植 | コメント(5)

色々と~

本日は、採血がありました。
結果はいつも通りブックマークのExcelファイルに載せてます。

また、朝から「インデラル錠」という薬がスタートしました。
血圧を下げる薬です。食道静脈瘤の悪化を少しでも抑える為です。

昨日からの続きか、少し胃のむかつきが残ってますが、
お昼頃には大分マシにはなりました…が、今度はインデラルが効いて
急に立つと、立ちくらみを起こす様になっちゃいました。
主治医によるとこれは仕方がない様で、しばらくすれば慣れてくるとの事。
急に動く時は、要注意ですね。ちょいと頭痛もしてるかも知れません。

明日は消化器内科の受診が入りました。
恐らく昨日の説明や今後の説明でしょうね。

また、月曜日にはCTによる血管造影の予約も入りました。
これは食道静脈瘤の現在の状態をはっきり知る為だそうです。

火曜日~木曜日のどこかに口腔外科の予約も入る予定。
これは虫歯の治療ですな。前回歯石を取ったら結構深いのが見つかった。
(実はこれが一番今怖かったりする)
…だって、麻酔するにしても痛いし怖いんだもん(/_;。)うぐっ
2006年05月18日(Thu) | 移植 | コメント(0)

消化器内科受診

本日は消化器内科受診。
昨日から13:30消化器内科受診と書かれた紙をオーバーテーブルに置かれる。
13:30頃からずっとベッドでスタンバイして待っていたが、呼ばれたのは4時半。
それなら、最初からそうと言ってくれよ(/_;。)うぐっ

で、水曜日のお話かなー?と思いながら部屋にはいると、
以前から3ヶ月置きに受診してた潰瘍性大腸炎担当のN先生だったw
入院して予約してた事、完全に忘れてた(*´▽`*) プッ
しかも緊急の時、内視鏡室で結紮した時も傍にいてN先生が指示していたらしい。

…全く気付いていませんでした、スミマセン(滝汗)

潰瘍性大腸炎の方は現在快調なので、食道静脈瘤の話をする。
2週間後に硬化療法をする予定とは聞いていたが、その為の黄疸の目標が3らしい。
そういうはっきりとした目標数字を聞けたのは、少しスッキリした。
ただ、N先生によると身体に溜まった黄疸を本来の胆管に流すには、
身体にとって相当なエネルギーを必要とするらしく、やはり時間は掛かるとのこと。

黄疸3以下を目指してぼちぼち頑張るぞー♪(日にち薬なんだけど…)
2006年05月19日(Fri) | 移植 | コメント(2)